お肌つるつる!こんにゃくスポンジ2種類を1か月使い比べて実感したこと

アイハーブ, 比較・まとめ, スキンケア

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

こんにゃくスポンジは、こんにゃくの繊維で作られたスポンジです。およそ120年も前に誕生した日本古来の美容アイテムで、お肌にとても優しく、赤ちゃんの産湯にも使われていたそうです。

今「お肌がつるつるになる」「くすみがとれる」と再び注目されていて、その評判は日本のみならず世界中に広がっています!

私は今回アイハーブで買えるアメリカのメーカーのこんにゃくスポンジを2種類使ってみました。(ひとつは2個セットなので写真には3つ写っています)

この記事では、始めにこんにゃくスポンジの使い方や効果などをまとめた後、2種類のこんにゃくスポンジを使い比べて感じたことをまとめていきたいと思います。

「エコツールズ」と「アンダルーナチュラルズ」のこんにゃくスポンジを使ってみたのですが、メーカーによって使い心地がこんなにも違うとは思いもしませんでした。

スポンサーリンク

こんにゃくスポンジとは

こんにゃくスポンジは、こんにゃくの繊維(こんにゃくマンナン・グルコマンナン)でできているスポンジです。

こんにゃくを凍らせて乾燥させるを繰り返すと、こんにゃくの繊維だけが残りスポンジ状になるそうです。

こんにゃくスポンジが誕生したのはおよそ120年も昔のこと。お肌をつるつるにしてくれることで昔から親しまれてきたものなんです。

赤ちゃんの産湯にも使われていて、デリケートな赤ちゃんの肌も傷つけないほど優しく、手で洗うよりも肌を傷めないと重宝されてきたそうです。

こんにゃくスポンジの使い方

こんにゃくスポンジは最初は固く乾燥している状態なので、お水やお湯で戻して柔らかくしてから使います。

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

↑は乾燥した状態の写真です。

こんにゃくスポンジに洗顔料は不要?必要?

こんにゃくスポンジはそのままでも、石鹸や洗顔フォームを付けて使ってもOKです。

やってはいけないのはゴシゴシこすること。円を描きながらなでるように優しく洗うのがポイントです。

こんにゃくスポンジの使用頻度は?

毎日使っても問題ないそうです。しかしお肌は人それぞれですよね。肌の様子を見ながら使用頻度を調節するといいと思います。

私は使用後の肌があまりに良かったため、最初連日使っていたのですが、角質が取れすぎた感じがあったので、1日おきにしました。

こんにゃくスポンジの効果

一番感動したのは、洗い終わり後の肌触り!

肌のゴワゴワ感やざらつきがすっきり無くなって、つるつるの卵肌に♪

不要な角質が取れたおかげか、くすみもとれてワントーン明るくなり、化粧水の吸いこみも良くなるように感じます。

こんにゃくスポンジで擦った部分が赤くなるという事もないので、正しく使えばお肌を傷つける心配はなさそうです。

こんにゃくスポンジでお肌がつるつるになるメカニズム

こんにゃくスポンジはこんにゃく繊維の強い保水力により常に表面が水分に覆われているそうです。

そのため繊維が直接お肌と触れにくく、お肌の表面を傷つけずに、細かい産毛を巻き取りながら、古い角質を取り去ってくれるので、お肌がつるつるになります。

さらに弱アルカリ成分の働きにより、弱酸性のアカや汚れを中和分解してくれるそうです。

※こんにゃくスポンジを創業以来25年間350万個製造していらっしゃる有限会社山本農場さんのサイトを参考にしました。このページがイラスト付きで分かりやすかったのでぜひ見てみて下さい。(http://yamamotofarm.co.jp/function/

こんにゃくスポンジの保管方法、使用期限

無添加・天然素材のこんにゃくスポンジは、雑に管理しているとカビが生えてしまうことがあります。

そのため水気をしっかり切り、タッパーなどの密閉容器に入れて、冷蔵庫に保管するのがベストだそうです。浴室や湿気の多い場所におきっぱなしはNGです。

お取替えの目安は「1か月」。(※タイトルに「1か月使い比べて…」とあるのはこのためです。)

保管方法にもよるみたいですが、1か月~1か月半ほどで繊維が分解して表面に裂け目ができ始めるそうです。

保管方法と1か月後の写真を記事の後半に載せていますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

海外でも人気!こんにゃくスポンジ

日本で誕生したこんにゃくスポンジですが、その評判は海外にも広がっています。アメリカをはじめイギリスなどヨーロッパでも「Konjac Sponge」が大人気!

Konjac Spongesで検索すると海外でも人気なのがよく分かりますね。

アイハーブで買えるこんにゃくスポンジ

アイハーブで買えるのはアメリカのメーカー「エコツールズ」と「アンダルーナチュラルズ」のこんにゃくスポンジです。

EcoTools(エコツールズ)のこんにゃくスポンジ

エコツールズのこんにゃくスポンジは竹炭が入った黒いスポンジを購入しました。何も入っていない敏感肌用のスポンジもあります。

EcoTools, ピュアコンプレクションフェイシャルスポンジ, 敏感肌, スポンジ1個

Andalou Naturals(アンダルーナチュラルズ)のこんにゃくスポンジ

アンダルーナチュラルズは日本に上陸していて、コスメキッチンなどで買うことができます。しかしこんにゃくスポンジはまだ日本で取り扱っていないみたいです。

敏感肌用のピンクのスポンジを購入しました。ローズヒップエキスザクロエキスがそれぞれ入っているようです。

顔用こんにゃくスポンジは全部で3種類あり、体用のこんにゃくスポンジもあります。

Andalou Naturals, すごくツルツル、こんにゃく洗顔スポンジデュオ、2個パック
Andalou Naturals, 透明感 + 輝き、 コンニャク・フェイシャルスポンジデュオ、 2個パック
Andalou Naturals, All-Over Konjac Body Sponge, 1 ct

2つの使い心地の比較

乾燥した状態のスポンジを比べてみると、アンダルーナチュラルズの方がカチコチに硬いです。エコツールズの方が穴が大きく空洞が多いですね。

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

お湯に浸してみると

エコツールズはお湯にしばらくつけて軽く揉むだけで柔らかくなるのに対して、アンダルーナチュラルズはお湯に5分以上(もっと待ったかな)つけないと中まで柔らかくなりませんでした。

そしてお湯に戻した後のスポンジも全く違います。

まず柔らかさですが、エコツールズのこんにゃくスポンジを軽く握った写真がこちら。

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

続いてはアンダルーナチュラルズのこんにゃくスポンジ。

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

2つの写真を比べると、アンダルーナチュラルズのこんにゃくスポンジの方が手に力が入っていることが伝わるでしょうか。

エコツールズは柔らかく、アンダルーナチュラルズの方が硬くて弾力があります。

大きさの違いにも注目です。水に戻すとどちらも大きく膨らむのですが、エコツールズはややふくらんだかな?程度で、アンダルーナチュラルズは乾燥時とくらべて約1.5倍の大きさになりました。

そして触感も違います。エコツールズの方が瑞々しくて、ぷにぷにしているんです。表面のアップ写真です。

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

表面が水分でふやけてる感じが伝わるかな?半透明になっていて、一膜うすいベールがかかっているように見えませんか?

「こんにゃくスポンジはこんにゃく繊維の強い保水力により常に表面が水分に覆われている」と先ほど書きましたが、エコツールズのこんにゃくスポンジの方がこの特徴が良く出ているように感じます。

そしてマンナンのお陰なのか、エコツールズのこんにゃくスポンジの方が表面が少しぬるっとしているんですよね。そのため滑りがよく、力を入れずに済みます。

アンダルーナチュラルズは繊維感が感じられ、すっきり洗いあがります。

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

そして最後に香りについて。

エコツールズは無臭なのですが、アンダルーナチュラルズはお湯に戻すと酸っぱいにおいがしました。多分ローズヒップエキスの香りなんだと思います。

それほど強くはないものの、ちょっと独特です。でも何日か使っているとにおいはほぼ消えました。

私の保管方法と1か月後のこんにゃくスポンジ

私は水気をよく切ってキッチンペーパーで軽く水分を吸収した後、密閉容器に入れて冷蔵庫で保管していました。

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

1か月くらい経つと表面が裂けてくる場合があるとのことでしたね。

こちらが1か月経ったこんにゃくスポンジの様子です。

こんにゃくスポンジ Konjac Sponges

表面が裂けたりはしていませんが、大分くたびれてきました。

まとめ

2つのこんにゃくスポンジを比較表にまとめてみました。

エコツールズ アンダルーナチュラルズ
所要時間 お湯につけるとすぐに柔らかくなる 柔らかくなるまでつけ置きが必要
大きさの変化 やや大きくなる 1.5倍ほど大きく膨らむ
触感 柔らかい
水分を多く含み瑞々しい
ぬるっとしている
ぷるぷる感強め
弾力がある
繊維感が強い
すっきり洗いあがる
ぷるぷる感弱め
におい 無臭 エキスの酸っぱい香り

このように、メーカーによってこんなにも違います。

私が気に入ったのはエコツールズのこんにゃくスポンジです。

しかし、身内に使ってみてもらったところ「赤い方(アンダルーナチュラルズ)の方がすっきり洗えて好き」と真逆な意見でした。

「でも、黒い方(エコツールズ)が柔らかいから肌には優しそうだよね。」とも言っていました。

柔らかいスポンジがお好みな方はエコツールズ、すっきり感が欲しい方はアンダルーナチュラルズがおすすめです。

また、エコツールズはスポンジ自体がぷるぷるしているため、こんにゃくでできてることがより実感できると思います。

日本製こんにゃくスポンジ

中国製のものなど安価なこんにゃくスポンジもありますが、あまりに安いものは要注意!殺菌剤や保存剤などが入っている場合があります。

日本製だからと言って添加物が入っていないという訳ではないので、買う前に成分をチェックしましょう。

こんにゃくスポンジと言えばまかないこすめですよね。まかないこすめのこんにゃくスポンジは天然成分100%無添加です。海外の方にも大人気なのだそう。

シート状のこんにゃくスポンジもあるようです。

レビューしたエコツールズやアンダルーナチュラルズのこんにゃくスポンジには殺菌剤や保存剤などは入っていないので、安心してくださいね。

今回レビューした商品はこちらです。

アイハーブで買えるこんにゃくスポンジ一覧ページ

私はこんにゃくスポンジを使ってみて、たくさんの嬉しい美肌効果が実感できました。

肌の調子に合わせて使用頻度を調節し、優しくなでるように使うことがポイントです♪

にほんブログ村 美容ブログへ

この記事のカテゴリ・キーワード

アイハーブ, 比較・まとめ, スキンケアiHerb, Andalou Naturals, EcoTools

Posted by ぴあ