飲む日焼け止めがドラッグストアでも買える!ノーブ(noUV)が全国で店舗販売スタート

日焼け止め, サプリ, 美容のための豆知識飲む日焼け止め, noUV

Copyright© ぴあ

noUV

「飲む日焼け止め」はこれまでクリニックや通販でしか買えなかったため、今すぐ手に入れることが難しい状態でした。

そんな中、いち早く販売ルートを拡大したのは日本産の飲む日焼け止めnoUV(ノーブ)。2016年4月より大手ドラッグストア・薬局・量販店など全国600店舗以上で販売を開始しました。

日本人のための飲む日焼け止めnoUV(ノーブ)

昨年2015年に、飲む日焼け止めについてこんな記事をまとめていました。

(※2017年・随時更新しています。)

noUV(ノーブ)は、上記リンク先の記事でご紹介していた飲む日焼け止めのひとつです。

販売開始は2015年の5月。美容外科、東京イセアクリニック(医療法人社団十二会/東京都新宿区、総院長・吉種克之)が監修した日本製・アジア人向けのドクターズサプリです。

スポンサーリンク

シダ科植物由来成分「PLエキス(ポリポディウム リュウコトモス)」が肌を守る

noUV(ノーブ)の主要有効成分は、「PLエキス(ポリポディウム リュウコトモス)」というシダ科植物由来の成分です。

このエキスは紫外線からのダメージ、抗酸化作用で日に焼けてメラニンが黒くなるのを防ぐほか、免疫防御作用で、皮膚のダメージが原因のシミやシワを予防、肌の損傷も軽減する効果などが明らかにされています。

その他、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB12、ルテイン、クロセチン、ビタミンD、リコピン等の美容成分を全8種配合していることが特徴です。

全国600店舗以上で販売開始

noUV(ノーブ)は2015年5月より、オフィシャルとして楽天Amazonで販売を開始しました。

口コミで評判が広まり、約2か月という期間で「楽天市場の日焼け止め部門ランキング第1位を獲得」したそうです。

こうしたインターネット販売での好調な結果を受け、この春2016年4月より実店舗での販売を開始。新規取り扱い開始店舗は以下の通りです。

アインズ&トルペ、アットコスメストア、京急百貨店、ザグザグ、ショップイン、HAC、ロフト他、各種ドラッグストア、量販店など全国600店舗以上。 ※一部店舗を除く
PDFファイル:プレスリリースより

どれにする?飲む日焼け止め

飲む日焼け止めサプリは、近年の流行以前から美容クリニックや皮膚科で扱っていたヘリオケアなどの海外製品や、「ニュートロックスサン」という違う成分を配合した商品もあります。

  • 飲む日焼け止めにはどんなものがあるの?
  • 有効成分の違いは何?
  • 飲み方は?
  • どこで買えるの?
  • 値段はどのくらい?

と飲む日焼け止めについてもっと知りたいと思った方は、こちらの記事もぜひ読んでみてくださいね。

参考飲む日焼け止め、成分を比較してわかる!サプリの選び方【2017年改】