調子がすぐれないときの「お花のお守り」、マジェンタセルフヒーラーのフラワーエッセンス

2016年3月27日アイハーブ, スキンケア, ボディケア, 精油・アロマ

FESフラワーエッセンス マジェンタセルフヒーラーFlower Essence Services, Magenta Self-Healer

フラワーエッセンスは、自然のめぐみである「花」を使った自然療法のひとつです。

「なんとなく、体がおもたいな…」
「調子が優れないな…」

そんな日々が続いていた近ごろ、マジェンタセルフヒーラーのフラワーエッセンスを使っていました。

マジェンタセルフヒーラーは、調子がすぐれないときに頼りになる「お花のお守り」。

病気や健康上のトラブルからの回復を助けてくれるフラワーエッセンスがブレンドされています。

スポンサーリンク

花のもつエネルギーを取り込んだフラワーエッセンス

花を見たり香りを嗅いだりすると、心が癒されたり、勇気づけられたり、不思議と幸せな気持ちになりますよね。

花には人を癒す力があると思いませんか?

そんな花のもつエネルギーを、水に取り込んだものがフラワーエッセンスです。またの名を花の波動水とも呼ばれています。

花のエネルギーが、心や身体のバランスを整えてくれると言われ、海外ではクリニックで処方されるほど認知されています。

日本ではアロマテラピーに比べ、まだあまり知られていないフラワーエッセンスですが、イギリスをはじめとする海外ではとても身近な存在なのだそうですよ。

以前フラワーエッセンスについては下記リンク先記事でもご紹介しているので、よかったら見てみて下さいね。

ローズが香る白い百合たちのフラワーエッセンス、Flower Essence Servicesのグレース(Grace)

フラワーエッセンスは「香りはしない」ものですが、このマジェンタセルフヒーラーにはエッセンシャルオイル(精油)が入っているため、香りも楽しめます。

※日本国内では「FESフラワーエッセンス グレース フローリッシュ フォーミュラシリーズ スプレー」として販売されています。

FESフラワーエッセンス マジェンタセルフヒーラーFlower Essence Services, Magenta Self-Healer

自己治癒力を高め、回復を助けてくれるマジェンタセルフヒーラー

マジェンタセルフヒーラーは、病気や健康上のトラブルからの回復を助けてくれるフラワーエッセンスが複数ブレンドされています。

セルフヒールをはじめ、シエラプリムローズ、エケネイシャなどマジェンタ色の花々が免疫力を活性化。元から蓄えられている自己治癒力を高め、心身を健康へと導いてくれます。大きな病気や手術の後の回復期にも助けになるそうです。

マジェンタセルフヒーラーは、ヘリクリサム(イモーテル)のエッセンシャルオイルも入っています。

シュシュっとスプレーすると、ほんのりはちみつのような甘くウッディな香りがします。

※アイハーブにはヘリクリサムのエッセンシャルオイルも売っています。レビュー記事はこちらからどうぞ♪
ハチミツのような香りの、永遠の若さを象徴する花「ヘリクリサム(イモーテル)」の精油

「病は気から」「気は病から」

心と身体は繋がっているんだなって、すごく思います。

「病は気から」ということわざもありますが、その逆「気は病から」とも言えるのではないでしょうか。

こちらの製品、日本国内では「FESフラワーエッセンス グレース フローリッシュ フォーミュラシリーズ スプレー」として販売されています。服用したり、身に纏ったり色んな使い方ができます。ご興味のある方はこちらの記事も読んでみてくださいね。

今回レビューしたのはこちらの商品です。

フローリッシュフォーミュラシリーズの他にもスポイト瓶タイプのレメディやセルフヒールクリームなどもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Flower Essence Services

ベアミネラル オンラインショップ