飲む日焼け止め、成分を比較してわかる!サプリのかしこい選び方【2018年改】

2015年8月11日比較・まとめ, 日焼け止め, サプリ, 美容のための豆知識

「飲む日焼け止め」どれが効果的?成分やお値段などを比較してみました。

「キレイはからだの中から」がキーワードの時代。

飲む日焼け止めサプリが、紫外線対策のマストアイテムとして、ますます話題になっていますね。

2015年まで海外製がほとんどだった飲む日焼け止め市場は、2016年からおおきく変化し、日本製の飲む日焼け止めのシェアが拡大しています!

しかし、あまりに種類がふえてきて「どれを買えば良いのかわからない…」ですよね。

しかも、飲む日焼け止めは「比較的すぐに効果が期待できるもの」と「飲み続けることでじっくり長時間効果が期待できるもの」と、サプリの有効成分によって効きめに違いがあるというのです。

選択をまちがえると「効果がない!」ということになりかねません。目的に合ったサプリを選ぶことがとても大切です。

この記事では成分を比較しながら、おすすめの飲む日焼け止めサプリをご紹介します。サプリ選びの「ヒント」としてお役に立てれば嬉しいです♪

飲む日焼け止めとは

飲む日焼け止めは、からだの中から紫外線ダメージを防ぐサプリメントです。

塗る日焼け止めのデメリットといえば、汗や水で落ちてしまうため、何度も塗り直さなければならないところ。きちんとつけていたつもりが、塗り残しや塗りムラが原因で日焼けしちゃった!なんてこともありますよね。

そのような弱点をおぎなえるのが「飲む日焼け止め」。従来の塗る日焼け止めでは防ぎきれない紫外線の悪影響を予防する、いわば取りこぼしを減らすことができるのです。

お肌が敏感でSPFの高い日焼け止めを塗れない方にもおすすめです。

また、見落としがちな目からの日焼け。目から入った紫外線からもメラニンが生成されます。飲む日焼け止めはこの目からの日焼けも防ぐことができると注目されています。

日本製の飲む日焼け止めが身近になったのは、2016年から

飲む日焼け止めが注目され、「日本製」が一般的になったのは、2016年のできごとです。

この記事は、2015年に投稿しました。(記事の先頭へもどっていただくと日づけを確認できます。)

いまではドラッグストアや薬局で買えるくらい身近な存在になりましたが(※参考記事

2015年にあった飲む日焼け止めは、海外製がほとんどで、日本製はほんの数える程度しかありませんでした。

飲む日焼け止めに関心のある、流行に敏感なかたは、「あたらしいサプリを知りたい」かたが大半かと思います。

その一方で「昔からあるサプリを知りたい」かたもいらっしゃるはず。

この記事には、どちらのかたも知りたい内容が盛りこまれています!

まずは2015年よりも前からある、元祖・飲む日焼け止めをいくつか紹介したあと、2016年よりもあとに発売された飲む日焼け止めをご紹介していきます。

さらにそのあとは選び方のポイント(メリット・デメリット)、おすすめサプリの紹介とつづきます。

最後まで読んでいただくと、失敗しない、自分にぴったりのサプリがわかります!

▲目次に戻る

>>2017年成分アップリニューアル!ホワイトヴェール

飲む日焼け止めの有効成分をざっくり知っておこう

世の中にたくさんある飲む日焼け止めは、有効成分に着目するとおおきく2つに分けられます。

くわしいことはひとまず置いておいて、2つの成分名だけでも頭の片すみに入れておいてください。この先の内容がきっとわかりやすくなると思います。

名称 ファーンブロック(PLエキス)★ ニュートロックスサン
原料 シダ植物ポリリディウムリュウコトモス シトラス果実とローズマリー葉
特徴 短期間、即効型
(飲んでから比較的すぐに効果が期待できる)
長時間、やや遅効型
(飲み続けることでじっくり長時間効果が期待できる)

飲む日焼け止めの歴史としてはファーンブロックの方が長く、近年急成長した国内産製品にはニュートロックスサンが使われていることが多いです。

この2つを主成分としたサプリのほかに、この記事では「PABA」というビタミンB郡をご紹介しています。

PABAは飲む日焼け止めとして米国食品医薬品局(FDA)が唯一認めた成分で、コストを抑えたい方におすすめのサプリです。

2015年注目の、飲む日焼け止めサプリ

それではまず、2015年よりも前から販売されている飲む日焼け止めを5つご紹介します。

ヘリオケア Heliocare

ヘリオケア・ウルトラ(Heliocare Ultra)★←個人輸入代行サイトを利用すると非常にお安く買えます♪
楽天

実績ナンバーワン!世界80ヶ国で使用されている、飲む日焼け止めの代名詞ヘリオケア。

  • 有効成分:ファーンブロック(FernBlock)★
  • 価格:5,600円~7,000円前後/30カプセル
  • 製造国:スペイン、イギリス
  • 飲み方:紫外線を浴びる30分前に1カプセル服用。1カプセルで4~6時間ほどの効果が期待できる。

ヘリオケアは、日本のテレビ番組でも紹介されたことのあるサプリです。

海外製ではありますが、美容クリニックや皮膚科でも取りあつかっているほど信頼度が高いサプリです。近年の流行に先駆けて数年前から流通していました。

効果の信憑性を示す論文も多数出ており、腫瘍や肝斑などの治療にも使われています。

不足しがちなビタミンDをはじめ、活性酸素除去効果のあるリコピン、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、ルテインが配合されています。

ヘリオケアシリーズは全部で3種類あります。

(※2017年より新しく日本・アジア限定の「ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス」が販売スタート!ヘリオケアシリーズは全部で4種類になりました。)

ビタミンDの入っていないタイプや、アメリカ向けにつくられたタイプもあります。お値段はアメリカ版のものがもっともお手頃です。有効成分の含有量や入っているビタミンに違いがあるため、需要に合わせて選んでみてくださいね。

Life Extension エンハンスドファーンブロック(フェーンブロック)

ヘリオケアと同じ有効成分配合!アイハーブで買える飲む日焼け止め。

  • 有効成分:ファーンブロック(FernBlock)★
  • 価格:3,500円~4,000円前後/30カプセル
  • 製造国:アメリカ
  • 飲み方:紫外線を浴びる30分前に1カプセル服用。朝から1日中外出する場合は夕方にもう1カプセル飲むと効果的。

ヘリオケアと同じ成分、ファーンブロック(FernBlock)が配合されたLife Extensionの飲む日焼け止めサプリです。

ビタミンCや複数のフェノール化合物(アントシアニン、フラバノンなど)を含む「レッドオレンジ複合体」がはいっています。

注意Life Extension エンハンスドファーンブロックは販売終了になり、「Life Extension, Shade Factor (シェードファクター)」にリニューアルしました。シェードファクターとファーンブロック、リニューアル前後で変わったところはこちらの記事をご参照ください。
アイハーブに飲む日焼け止め「Life Extension シェードファクター」新入荷!Fernblockとの違いをまとめてみました

noUV ノーブ

美容外科のドクターが監修した日本製の飲む日焼け止め。

※2016年4月からドラッグストア、薬局など店舗販売も始まりました。(参考記事

  • 有効成分:PLエキス(ポリポディウム リュウコトモスエキス)★
  • 価格:1,800 円+税/10カプセル
  • 製造国:日本
  • 飲み方:1日1~3粒を目安に服用。

美容外科、東京イセアクリニックが監修した「日本製」の飲む日焼け止めです。

アジア人向けにつくられたドクターズサプリ。ビタミンC、ビタミンR、ビタミンB12、ルテイン、クロセチン、ビタミンD、リコピンほか美容成分全8種を配合。

※noUV(ノーブ)がさらにパワーアップした「noUV Care White(ノーブケアホワイト)」が、2017年に発売されました。「セラミド」や「コラーゲン」などの美肌成分がぜんぶで14種類も入っています!
楽天やアマゾンでも買えますが、公式サイトから定期購入すると「30%オフ」になります♪
>>【公式サイト】noUV Care White(ノーブケアホワイト)

BE-MAX the SUN ビーマックス ザ サン

美意識の高い人に人気!エステ店で取り扱う飲む日焼け止め。

  • 有効成分:ニュートロックスサン
  • 1日の目安:1〜2カプセル
  • 価格:4,200円+税/30カプセル
  • 製造国:日本
  • 飲み方:1日1〜2カプセルを目安に服用。

実店舗ではエステ店で取り扱っていて、美意識の高い方が愛用しているサプリです。

オリーブ葉抽出物、ザクロ抽出物、L−シスチン、ビタミンCなど、塗るだけでは防げなかった紫外線ダメージを美容成分でサポート。

PABA

低価格に抑えたいなら「PABA」。飲む日焼け止めとして米国食品医薬品局(FDA)が認めた成分。

  • 有効成分:PABA(パラアミノ安息香酸-ビタミンB群の一種)
  • 価格:800円前後/100カプセル
  • 原産国:アメリカ
  • 飲み方:1日1カプセル服用。

PABAはビタミンB群の一つでパラアミノ安息香酸ともよばれています。

飲む日焼け止めとして米国食品医薬品局(FDA)が唯一認めた成分です。

体内PABAの濃度を高くたもつことで、紫外線から体を守り日焼けや肌ダメージを防ぐ効果を発揮。

白髪の予防効果や、貧血の予防改善、腸内細菌の善玉菌を増やすはたらきも注目されています。

他のビタミンB群も一緒に摂取するとより効果的。

注意点は、ヘリオケアとは異なり、飲んだその日に効果が発揮されるわけではないところです。体内PABAの濃度を高く保つことで効果が期待できるため、少なくとも3か月以上の継続が肝心のようです。
参照サイト:http://www.vitamin-shopper.com/item/10227/goods.html

▲目次に戻る

2016年以降新発売!飲む日焼け止めサプリ

2016年は国内産の飲む日焼け止めサプリが沸騰!新たにお目見えしたサプリをご紹介します。(随時追加していきます)

WHITE VEIL ホワイトヴェール

2016年人気ナンバーワンの飲む日焼け止め。発売から1年、2017年4月にリニューアルしてパワーアップ!

  • 有効成分:ニュートロックスサン
  • 価格:初回限定980円/60粒※定期コースのみの限定価格
  • 2017年4月リニューアルにつき定期コースの回数に縛りがなくなりました!
  • 原産国:日本
  • 飲み方:1日2粒を目安に服用。

紫外線対策にニュートロックスサン、目の紫外線にルテイン、トマトの美容成分リコピン。

ザクロエキスやメロンプラセンタ、ローズポリフェノールなど美肌をサポートする天然成分がたっぷり入っています。

グアバやアムラなどビタミンミネラル豊富な天然成分入り。

インナーパラソル16200

「絶対に焼けたくない!」方におすすめ、成分の配合量で選ぶならインナーパラソル16200。

  • 有効成分:ニュートロックスサン
  • 価格:初回限定990円/60カプセル※定期コースのみの限定価格
  • 原産国:日本
  • 飲み方:1日2粒を目安に服用。

インナーパラソルの特徴は、有効成分が高配合なところ!

フルーツ由来のセラミド成分「パインセラ」や、太陽からのダメージから守ってくれる「コプリーノ」が徹底的に美肌をサポート。

ビタミンCとともに、ビタミンCの働きを助けるビタミンPも入っています。

雪肌ドロップ

年齢とともに減っていくコラーゲンや、アセチルグルコサミンなどを配合。

  • 有効成分:ニュートロックスサン
  • 価格:初回限定3980円/60粒※モニターコースのみの限定価格
  • 原産国:日本
  • 飲み方:1日2粒を目安に服用。

ザクロエキスパウダーやトマトパウダーなどの美容天然成分も入っていて、雪のような白肌を守ってくれます。

P.O.L.C. ポルク

トリプルアンチエイジング「ACGコンプレックス」入り。一歩進んだ飲む日焼け止め。

  • 有効成分:ニュートロックスサン
  • 価格:定期購入コース6980円/60粒※初回のみ日焼け止めクリームプレゼント
  • 原産国:日本
  • 飲み方:1日2~5粒を目安に服用。

肌代謝を促すクロセチンや、目や肌の紫外線ダメージを防ぐルテイン、美白効果が期待できるをザクロエキスなどを配合。

トリプルアンチエイジング「ACGコンプレックス」入り。

The White ザホワイト

美容皮膚科、東京銀座スキンケアクリニック監修ドクターズコスメブランド「ピュアセラ化粧品」から販売されている、日本製の飲む日焼け止め。

  • 有効成分:PLエキス(ポリポディウム リュウコトモスエキス)★
  • 価格:1,800円+税/10カプセル
  • 製造国:日本
  • 飲み方:1日1〜2カプセルを目安に服用。

美容皮膚科、東京銀座スキンケアクリニック監修「日本製」の飲む日焼け止め。

ビタミンC、ルテイン、レスベラトロール、リコピン、カテキンほか美容成分をたっぷり配合。

BIHAKUEN UVシールド

BIHAKUENプロデュース、飲む日焼け止め。

  • 有効成分:PLエキス(ポリポディウム リュウコトモスエキス)★
  • 価格:3,993円 ~/120カプセル(価格変動あり)
  • 製造国:アメリカ
  • 1日に3カプセルが服用の目安。

ビタミンC、ルテイン、ビタミンE、プラセンタ、ヒアルロン酸が美肌をサポート。

▲目次に戻る

成分の特徴を比較してわかる!飲む日焼け止めの選び方

ずらーっとピックアップしてみましたが、これからサプリ選びのポイントをお伝えしていきます。

記事の冒頭にのせた表を、ここで再掲しますね。

名称 ファーンブロック(PLエキス)★ ニュートロックスサン
原料 シダ植物ポリリディウムリュウコトモス シトラス果実とローズマリー葉
特徴 短期間、即効型
(飲んでから比較的すぐに効果が期待できる)
長時間、やや遅効型
(飲み続けることでじっくり長時間効果が期待できる)

この表に書いてあることに、説明を加えていきます。

ファーンブロックとは

Fernblock(ファーンブロック)の原料は、アメリカ大陸の熱帯地域に生息する、ポリポディウム・ロイコトモス(Polypodium Leucotomos)というシダ植物です。

米ハーバード大学と光老化対策の国際専門家チームによって15年の間臨床研究ののち誕生しました。

シダ植物のエキスは非常に高い抗酸化作用をもち、紫外線防御効果が非常に高いことがわかりました。

日焼けによる赤み、皮膚のダメージを軽減するといわれています。

Fernblock(ファーンブロック)は、Cantabria社(カンタブリア社)が保有する特許成分です。

■飲み方:紫外線を浴びる30分前に1カプセル服用。1カプセルで4~6時間ほどの効果が期待できる。

短期間、即効型とは?

効果の持続時間は4~6時間ほど
飲んでから比較的すぐに効果が期待できる

参考:IFC Industrial Farmaceuti Cantabria公式サイトheliocare 公式サイト

Fernblock(ファーンブロック)はこんな方におすすめ

  • 飲む日焼け止めとして長い歴史のあるものを使いたい
  • 旅行など日をよく浴びるときだけ、塗る日焼け止めの補助に使いたい
  • 特許成分にこだわりたい
  • 海外製でもかまわない

ファーンブロックは、飲む日焼け止めとして長い歴史があり、世界中で利用されています。

美容クリニックや皮膚科で取りあつかっていますが、「特許成分」のため「海外製」です。

口コミには「サプリが大きくて飲みにくい」「色がカラフルでびっくり!着色料が気になる…」という声がよせられています。心配なかたは日本製のサプリが安心です。

注意ファーンブロックに副作用は報告されていませんが、シダアレルギーを持っている人や、長期間に渡って継続する場合には注意が必要です。

ファーンブロックのおすすめ商品

現在ファーンブロック(特許成分)が使われているサプリは、ヘリオケアシリーズのみです。(製造元は海外です。)

できるだけ安く買いたいかたにおすすめしたいのは、ヘリオケア・ウルトラ(Heliocare Ultra)です。

値段よりも「安心」を求めるなら、日本人用のへリオケア・ピュアホワイトラディアンスをおすすめします。

日本人のカラダにあった配合でつくられています。

また、ヘリオケアシリーズの中で、L-シスチンが配合されているのは、日本人用のピュアホワイトラディアンスのみです。

PLエキスとは

PLエキスは特許成分ではありませんが、ファーンブロックと同じシダ植物由来の成分です。

美容クリニック監修の国産サプリは、PLエキスを使う傾向があるようです。

PLエキスはこんな方におすすめ

  • ヘリオケアと同成分のサプリを、できるだけ安く買いたい
  • 日本製・美容クリニック監修のサプリがいい

「歴史があるとはいえ、海外製のサプリはちょっと心配…」というかたにおすすめなのが、PLエキスのサプリです。

美容クリニックの先生が監修しているので、安心して飲めますね。

注意PLエキスに副作用は報告されていませんが、シダアレルギーを持っている人や、長期間に渡って継続する場合には注意が必要です。

PLエキスのおすすめ商品

PLエキス配合の飲む日焼け止めは、ヘリオケアシリーズをのぞいた★印つきのサプリです。

こちらの記事にPLエキス配合のサプリをまとめているので、よかったらご覧ください。

ニュートロックスサンとは

NutroxSun(ニュートロックスサン)の原料は、南スペインのシトラス果実とローズマリーです。この2つから抽出した成分を、特定の割合で配合した天然のポリフェノールが、ニュートロックスサンという成分です。

スペインのミギュエル大学とモンテローザ社により10年以上の歳月をかけて共同開発されました。

抗酸化作用が非常に高く、体内の活性酸素の活動を抑えて、紫外線によるダメージを防いでくれます。

臨床試験では、1日に250㎎、85日間摂取することで約60%の紫外線をカットするというデータが発表されています。

■飲み方:1日に規定量を服用

長時間、やや遅効型とは

効果の持続時間は24時間
飲み続けることでじっくり長時間効果が期待できる

参考:NutroxSun 公式サイト

ニュートロックスサンはこんな方におすすめ

  • シダ植物にアレルギーがある・アレルギーが心配
  • 日本製のサプリがいい
  • 日焼け止め成分だけじゃもの足りない!美容成分たっぷりのサプリがいい

ニュートロックスサンを使ったサプリには、最新の研究によって誕生したプラスアルファの美容成分がたっぷり入っています!

飲み続けることで、日焼け止め効果はもちろん、キレイになれるなんてうれしいですよね!

ニュートロックスサンのおすすめ商品

国産サプリを買う時に「配合量が書いてあるか」注意してみてください。

極端な話をすると、「ニュートロックスサン配合」と書いてあっても、たった1mgだけしか入っていない可能性も…。

(※日本よりもサプリ市場が大きい海外のサプリは、配合量がはっきり明記してあります。)

ニュートロックスサンは、1日に250㎎、85日間摂取することで約60%の紫外線をカットするというデータが発表されています。

そしてこの基準を満たしたサプリには「日傘マーク」が付いています。今回ご紹介したサプリの中で「日傘マーク」が付いているのは「ホワイトヴェール」と「インナーパラソル16200」の2つです。

  1. ホワイトヴェールは1粒に62.5mg(4粒で250mg)
  2. インナーパラソル16200は1粒に125mg(2粒で250mg)

1のホワイトヴェールは4粒で250mg。インナーパラソル16200よりもたくさん飲まなければなりません。

しかし、ホワイトヴェールは初回限定980円。しかも、2017年4月リニューアルにつき定期コースの回数に縛りがなくなりました。

つまり1回のみでも解約OK!さらに全額返金保証付きです。

初めての方も、これまで他のサプリを飲んでいた方も、一番おすすめしたいサプリです。

>>「ホワイトヴェール」の公式サイトを見てみる

2のインナーパラソル16200はニュートロックスサン高配合なので、たった「2粒」で基準量の250mgをみたします。

少なくとも3回以上の継続購入が必要になりますが、定期購入で申し込むと、初回限定990円で購入できます!(毎月先着500名限定だそうです!)

>>「インナーパラソル16200」の公式サイトを見てみる

※2018年に、インナーパラソル16200が「医学誌に掲載された」との情報が加えられていました。

飲む日焼け止めに効果なし?塗る日焼け止めとの併用がたいせつ!

  • ちゃんと日焼け止めを塗っていても、日焼けしている感があってなんか不安。
  • 強い日焼け止めは肌への負担が気になる。
  • 日焼け止めを塗り直すのが面倒。

そんなお悩みを解消してくれるのが飲む日焼け止め。

とはいっても、「飲むだけで100%ふせげる」というわけではありません。

こんなことをいうと、「飲む日焼け止めは意味がないんじゃないの?」と思ってしまうかもしれないですね。けれども、従来の塗る日焼け止めや、日がさなどもおなじですよね。

思い出してみてください。日焼け止めをぬっていても、日がさでガードしていても、うっかり日焼けしていませんか?

大切なのは、紫外線対策をかけあわせること。日焼け止めクリームや日がさなどと、飲む日焼け止めを併用しましょう。

ちょっと費用がかさむけれども、肌ダメージ、しみやしわなど光老化の予防のためと思えば費用対効果は高いですよね。

近年ますます暑さが厳しくなっている日本の夏。飲む日焼け止めは、塗るタイプの弱点をカバーできる紫外線対策のマストアイテムです!

こちらもあわせてどうぞ。

美白・美肌にはビタミンC!イチオシのビタミンCサプリ「リプライセル」のレビュー記事です。リプライセルは高濃度ビタミンC点滴に匹敵するといわれています!
ビタミンC点滴並みのサプリ、リプライセルのリポソームビタミンCはやっぱり最強だと思います。

美白・美肌にくわえて、紫外線を防ぐ効果も期待できるセラム「マッドヒッピーのビタミンC美容液」のレビュー記事です。
肌のくすみを一掃したくて、マッドヒッピーの「ビタミンC+E+フェルラ酸」美容液を投入しました。