サンフードのMSMクリームは逸品!ストック買いしてしまいました。Sunfood MSM Lotion Unscented

2015年7月25日アイハーブ, スキンケア, ボディケア

Sunfood MSM lotion

iHerb(アイハーブ)にはたくさんのMSMクリームがあります。

その中で特におすすめしたい商品が、Sunfood MSM Lotion Unscentedです。

オーガニックスーパーフードのトップブランドとして世界中で支持されている、Sunfood(サンフード)ですが、スキンケアの印象は薄いですよね。このMSMローションもとても良い品でした。

安全性の高い高品質なMSMを使っていて、使用感もバツグンです♪

するする、すべすべの肌になります!ストック買いしてしまうほど気に入りました!

MSMについて詳しくは以下の記事をご覧ください。ここではSunfoodのMSMローションの使い心地や、この商品の特徴に重点を置いてレビューしていきたいと思います。

使うなら高品質で安全なMSMを!

一口にMSMといっても品質はまちまちです。

MSMは天然に存在する量が少ないため、いろいろな原料を使って作られています。MSMはおもにアメリカ、インド、中国で作られていますが、それぞれの原料と異物除去法が異なります。

皆さんはどこで製造されたものを使いたいと思いますか?やっぱり安全性や品質の高いものを選びたいですよね。

高品質のMSMの見分け方はマークがあるのでとっても簡単!

高品質の指標「OptiMSM」

高品質のMSMにはOptiMSMというマークが表記されています。MSMご購入の前にぜひ探してみてください!

OptiMSMは、アメリカ・ワシントン州にあるバーグストローム・ニュートリション社(Bergstrom Nutrition)が作っているMSMの名証です。

国際的な認証を取得している「OptiMSM」

OptiMSMはcGMPに準じたISO9001を取得しています。食品安全システム認証FSSC22000も取得。

またGRAS(Generally Recognized As Safe)物質であることが認められています。FDAによって安全性を認められた物質に与えられる称号で、MSM製造業界でこの認定を受けているのは、世界で唯一バーグストローム社だけだそうです。

高純度な「OptiMSM」

MSMの精製方法には「結晶化法」と「蒸留法」の2つがあり、結晶化法は、ひ素、鉛、水銀、揮発性有機化合物などの不純物が混入する可能性が高いと言われています。

対して、蒸留法は沸点の違いにより不純物を取り除くため純度が高くなります。OptiMSMは蒸留法によって精製されています。重ねて不純物が混入していないか高感度で個別分析を行う検査体制を整えて高純度化を可能にしているそうです。

スポンサーリンク

「OptiMSM」を使用したSunfood MSMローション

SunfoodのMSMクリームには「OptiMSM」マークがついています。

Sunfood MSM lotion

実はこのOptiMSMを使用していることを明記しているクリームは数少ないんです。(サプリは割と多いみたいです。)

先日の記事でご紹介したMSMクリームの中で「OptiMSMを使っているよ」と明示しているのは、SunfoodのMSMクリームとNature’s Plus, Advanced Therapeutics, Glucosamine Chondroitin MSM Ultra Rx-Joint Creamのみでした。

Sunfood MSMローション 若返りクリーム(無香料)の使い心地

Sunfood MSM lotion

透明感があり、ローション(乳液)と緩めのジェルとクリームの合いの子のような、みずみずしいテクスチャです。

MSMクリームの香り

このクリームは無香料のため、原料の香りがそのまますることになります。

MSMは硫黄の化合物ですが、硫黄というと「温泉」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。硫黄温泉に入るとお肌がつるつるになっていいですよね~。硫黄温泉って独特なニオイがしますね。

MSMクリームも同じようなニオイがするのかな?とふと頭をよぎりますが、その心配はありません!有機硫黄であるMSMは「無臭」です。

なのでこのクリームも香りはなく、とても使いやすいです。ティーツリーのエッセンシャルオイルが入っていますが、主張するほど強く香りませんでしたよ。

ちなみに温泉のにおいの元は、硫黄泉に含まれる硫化水素という成分だそうです。

すべすべつるつるのお肌に

Sunfood MSM lotion

ベタ付きや重たい感覚が一切なく、サラッとしていて大変のびが良いです。

そして塗った後はマットな質感になり、自分で触れて驚くほどすべすべの肌に。

ボディはもちろんフェイスクリームとしても使用していますが、油分よりも水分不足ぎみな私の肌にすごく合っているみたいで、調子が良いです。

油分が少なく水分たっぷりのクリームなので、インナードライの肌や皮脂はちゃんとでるんだけど水分が足りていない肌におすすめです。

お肌がテカらず、マットな肌になるので夏のスキンケアに重宝しました。

しかしこちらの記事に書いた通り、MSMの持つ性質上、乾燥する時期は物足りなく感じました。

もっと油分や保湿力が欲しいけれども、「MSMの恩恵は受けたい!」と言うときは、オイルを足したり他の保湿アイテムの重ね付けすると良いですよ。

ポンプ式で使いやすさも◎

MSMクリームはジャータイプが主流の中、こちらはポンプ式。使いやすく衛生面も安心です。

また236ml入りなので、顔に体にと全身に惜しみ無く使えます。

これからも使い続けます!

このクリームを使い始めたら肌の滑らかになり、肌荒れが良くなってきました。コラーゲンの生成やお肌の再生を助けてくれるみたいなので、継続して使ってみようと思います。

そしてSunfood MSM Lotionには香り付きのものもあるんです。単に香りが付いているだけでなく、Unscentedとは成分も少し違っています。

使い心地に違いがあるのか気になったので、ココナッツローズのMSM Lotionも一緒に購入してみました。

次回はココナッツローズの方をレビューしたいと思います。成分が異なるのでやっぱり使用感もちょっと違いました。

Sunfood MSM lotion

Triple UV treated deionized water, dimethyl sulfone (10% OptiMSM – sulfur), vegetable glycerin (derived from coconut), organic prunus armeniaca (apricot kernel) oil, organic prunus amygdalus (sweet almond) oil, organic aloe vera extract 200:1, organic usnea, organic calendula flower extract, vitamins A (palmitate), C (citrate), E (acetate), grapefruit seed extract citricidal, 100% pure essential oil of melaleuca alternifolia (tea tree), fatty acid esters derived from coconut pulp used as an emulsifier

トリプルUV処理された脱イオン水、ジメチルスルホン(10%OptiMSM硫黄)、植物性グリセリン(ココナッツ由来)、有機アプリコットカーネル(杏仁)油、有機スイートアーモンド油、有機アロエベラ、有機サルオガセ、有機キンセンカ花エキス、ビタミンA(パルミチン酸)、C(クエン酸)、E(酢酸塩)、グレープフルーツ種子エキス、100%純粋なティーツリーエッセンシャルオイル、ココナッツパルプ由来脂肪酸エステル

高品質で評判のフローラ社のMSMクリームも、OptiMSMを使用していましたよ。

ココナッツローズのレビュー記事は、こちらからどうぞ。

MSMに関する記事

わたしはサプリとクリームの両方でMSMを取り入れてみました。お肌にも髪にもよい効果を実感しています!
MSMサプリのレビューなどMSMに関する記事は、こちらからすべて見られます。
MSMに関する記事をすべて見てみる
クリーム以外にも洗顔料、トナー(化粧水)、美容液、アイクリームにMSMが入っている商品もあるので、興味のある方は上のリンク先をチェックしてみて下さいね!

※パッケージがリニューアルして白いボトルに。リニューアル後もリピートしています♪

Sunfood MSMローション

ベアミネラル オンラインショップ