偏光アイシャドウ Milazzo Ivory Collection でいつものメイクをもっと可愛く♡

メイクアップアイシャドウ, Milazzo

Copyright© ぴあ

milazzo ミラッツォ

見た目は白にちょっと色がついているかな?と思わせるパステルホワイトのアイシャドウMilazzo Ivory Collection。

瞼にのせると…!!

手持ちのアイシャドウと重ねれば偏光シャドウに大変身。いつものメイクにプラスすると、何倍も可愛くなっちゃう!そんなアイテムなんです。

スポンサーリンク

肌にのせると…虹色が出現!

milazzo ミラッツォ

ペールカラーのアイシャドウが6色セットになっているmilazzo(ミラッツォ)IV コレクション

milazzo ミラッツォ

IV01ペールホワイト。IV02ペールピンク。IV03ペールパープル。IV04ペールイエロー。IV05ペールグリーン。IV06ペールブルー。

milazzo ミラッツォ

見た目よりもしっかり色みがつき、キラキラの虹色ができました!

IV01はマットなホワイト。他はフェアリーなペールカラーでラメがキラキラ。IV04だけ他の5色よりもメタリック感が強くてイエローというよりもゴールドっぽいかも。

milazzo ミラッツォ

ダークカラーに重ねるとファンタジー!

ベースカラーやハイライトカラーとして使うのも可愛いですが、いつものアイシャドウの上から重ねるのもおすすめです。偏光シマー入りのシャドウに大変身します。

ダークカラーの上に重ねるとファンタジーなことに!

milazzo ミラッツォ

これはブラックのアイライナーの上に重ねてみました。色とラメが引き立ちますよね。

あと私が好きなのは「暖色系×寒色系」で重ねること。

「ネイビー×ペールピンクIV02」とか「ボルドー×ペールブルーIV06」とか。Ivoryコレクション同士を重ねても可愛いです。

偏光シマーが重なって、いつものアイシャドウが何倍も可愛くなっちゃいます。

チラチラ輝くラメが可愛い!

同じ偏光系でも先日アップしたラレニムとはまた異なるミラッツォ。

ラレニムは「偏光パール」。シルキーで上品な質感でした。

参考オパールのように煌めく偏光パールアイシャドウ Larenim Opal Aura

対してこちらはラメの輝きが印象的で、偏光パールとはちょっと違います。「偏光シマー&ラメ」といった方が的を得ていると思います。

シマーの中にたくさんのラメが散りばめられていて、上品というよりもキラキラ可愛い仕上がりです。

メイクアップアーティストも認めた「Naked cosmetics」

こういったルース状のミネラルアイシャドウ(ピグメント)を販売しているのはやっぱり海外ブランド。

日本人にはあまり好まれないのかな?

こちらの商品日本ではMilazzo(ミラッツォ)として販売されていますが、本国アメリカでは「Naked Cosmetics」の「Milazzo Beauty」として販売されています。

本国アメリカサイト:Naked Cosmetics

Naked Cosmeticsは「IMATS」に出場経験のある、アーティストも御用達のメイクアイテムなのだとか。

「IMATS」は、メイクアップ界では世界最大級のトレードショーで世界的に有名なメイクアップアーティストたちが集い、講演や新作コスメの情報交換をしあう場です。

日本撤退!入手困難商品なのです…

紹介しておいて申し訳ないのですが、ミラッツォはすでに日本から撤退しております。

日本サイト:Milazzo(ミラッツォ)

それに伴い公式の楽天店ではなんと70%オフと破格で販売中。6色セットのコレクションだけでなくシングルでも購入可能です。

ほとんど売り切れてしまっていますが…。Amazonにはまだ在庫があるようです。

Milazzo(ミラッツォ)はこちらから購入できます。

 

元値を高く設定しすぎたんでしょと思われたかもしれませんが、本国アメリカでは6色セットが59.99ドル、シングルが14.99ドルの値段がついているので決してぼったくり価格ではないことがわかります。むしろ安いくらいです。

偏光、多色ラメ…!

あまりにも安くなっていたので、失敗しても…と思って試しに買ってみたところ、撤退が惜しまれるほど惚れた!

偏光パールや多色ラメが綺麗。さすがアーティスト系。

この値段なら集めちゃうよね…。

milazzo ミラッツォ

IVシリーズは使用用途上、シアーな発色でしたが、他のシリーズははっきり発色する感じです。

中にはタール色素が使われている色もあるのですが、基本的にはタール色素フリー。リップにも使えます。

入手困難なので紹介するか悩みましたが、一応まだ購入できるので記事にしてみました。

ブラウンに偏光グリーンとかワインカラーに偏光テールグリーンとか、他にも素敵なカラーがあるんですけれど…。

ピグメントは急いでいるときとか使いにくいし、こぼすと大変なことになるんですが、それでも好きです!

日本撤退、売り切れ寸前なので気になった方は在庫があるうちにぜひゲットしてください。

Milazzo(ミラッツォ)はこちらから購入できます。