クレイパックでくすみのない肌に♪アイハーブで人気の2つのクレイを比較してみました

iHerb アイハーブ, 比較・まとめ, スキンケアiHerb, マスク・パック, Now Foods, Rainbow Research

Copyright© ぴあ

Now FoodsのクレイとRainbow Researchのクレイを比較してみました。

いきなりですが私はクレイパックが大好きです。クレイが余分な汚れや角質を取り除いてくれて、ぱっとお肌が明るくなります。

「クレイに水を加えペースト状にする」という一手間が必要ですが、オリジナルのパックを作ることもできるのもいいところです。

この記事では、アイハーブで人気の高い二つのクレイを使い比べてみた感想をまとめていきたいと思います。

その二つのクレイと言うのは、Now FoodsのヨーロピアンクレイとRainbow Researchのフレンチグリーンクレイです。

クレイはメーカーによって使い心地や扱いやすさが全く違います。

大まかに感想をまとめるとNow Foodsの方が穏やかで扱いやすく、Rainbow Researchの方が肌への効果が高いように感じました。

スポンサーリンク

iHerbで人気のクレイ

比べてみる二つのクレイはこちらです。

Now Foods ヨーロピアンクレイ

Now Foodsから販売されているヨーロピアンクレイ。産地はヨーロッパであることは確かですが、国名までは書かれていませんでした。

Now FoodsのクレイとRainbow Researchのクレイを比較してみました。

Rainbow Research フレンチグリーンクレイ

Rainbow Researchから販売されているフレンチグリーンクレイ。

Now FoodsのクレイとRainbow Researchのクレイを比較してみました。

どちらも7ドル程度でお値段には大きく差はありませんが、Now Foodsは6オンス(170 g)、Rainbow Researchは8オンス(225 g)入りなので、gあたりで換算すると後に紹介したRainbow Researchの方がお安いですね。

クレイの性質(作用)と色の関係

クレイの性質に差があるのは、摂れる地域によって含まれる成分が異なるためです。

基本的には色が薄いものは作用が穏やかで、色が濃いものの方が作用が強いと言われています。

鉱物学上の分類に基づき比較すると、様々な要因があるため、色だけでは判断することはもちろんできないのですが、選ぶ際にひとつの目安になりますよね。

クレイパックの作り方

クレイはアレンジ次第で色んなパックが作ることができます。

乾燥が気になるときには、オイルや蜂蜜などを加えたり、エッセンシャルオイルを加えて香りを付けたり、ハーブを入れたり…。その時その時に、自分オリジナルのレシピを作り上げるのはお料理のようでとても楽しいですよね。

今回、比較する上の条件

今回は二つを比較するということが目的なので、何もアレンジせずに精製水で溶いてみることにしました。

水の量は一定にせず、適度な柔らかさになるまで水を加えて、必要となった水の量を比べてみようと思います。

条件をまとめると

  • 精製水のみで溶かす
  • クレイの量は小さじ1杯
  • マヨネーズくらいの固さになるまで水を加え、水の量を比較する

クレイパウダーの比較

左がNow Foods ヨーロピアンクレイ(以下Now)、右がRainbow Research フレンチグリーンクレイ(以下Rainbow Research)です。小さじ1杯分取り分けました。

Now FoodsのクレイとRainbow Researchのクレイを比較してみました。

Nowは灰色がかった薄い緑色で、Rainbow Researchは灰みを帯びた深い緑色。

NowはRainbow Researchよりもしっとりして重みがあるように感じます。Rainbow Researchの方がさらさらしています。

ペースト状にしたときの比較

少しずつお水を加えかき混ぜて、ペースト状にしてみました。

必要な水の量の比較

クレイはすりきり小さじ1杯、水の量はシリンジで計りました。

Now:4.2ml
Rainbow Research:6.2ml

同じくらいの固さにするためには、NowよりもRainbow Researchの方が多くの水が必要でした。

今回はプチ実験という事でしっかり量りましたが、私が普段作る時は目分量でもっとテキトーです。

なお、柔らかさは私個人の好みですので、もっと緩めが好みの方は水をさらに加えるなどして調節してみて下さいね。

扱いやすさ・におい

ダマになりにくいのはNowで、ささっと混ぜるだけでも簡単にペースト状になりました。Rainbow Researchは少しダマになりやすいのですが、すり潰すように練ると滑らかなペースト状になります。

Nowは粘土の様なにおいがしましたが、Rainbow Researchはほぼ無臭でした。

質感の比較

クレイは同じすりきり小さじ1杯でしたが、NowよりもRainbow Researchの方が出来上がりの量は多くなりました。(写真は出来上がったペーストの全量ではなく、一部のみ取り分けて撮影しました。)

Now FoodsのクレイとRainbow Researchのクレイを比較してみました。

どちらもパテのようなテクスチャ。でも、質感の違い何となく伝わるでしょうか。

表現の仕方が難しいのですが、Now Foodsは水分を含んでいることを感じられる柔らかいペースト、Rainbow Researchはしっかりした固めのペーストという感じです。

手の甲に塗り広げてみました。

Now FoodsのクレイとRainbow Researchのクレイを比較してみました。

使用感の比較

顔に塗る・伸ばす

Rainbow Researchのレビューにザラザラするという口コミがありましたが、顔に塗り広げた時は特に気になりませんでした。

ペーストの質感は二つで異なりますが、どちらも滑らかで伸びも良いです。

パック

Nowの方が乾くのが早かったです。クレイパックは完全に乾かしてから洗い流す派と乾ききる前に落とす派と分かれると思いますが、私は後者派なので放置時間はメーカー推奨(15分~20分)よりも短めにしました。

洗い流す

Nowの方が洗い流しやすく感じました。Rainbow Researchは、しっかり肌に密着して同じ要領で洗い流してもなかなか落ちきりません。粒子が肌に残って、ザラザラします。…あ!レビューで見受けられた通りですね。伸ばす時ではなくて洗い流す時の事だったのか!と思いました。

肌に残りやすいクレイは、手ではなくてクロスやガーゼなどで優しく洗い流すと簡単にすっきり落とせますよ。

肌の様子・感じた効果

Rainbow Researchの方が、落とした後のすべすべ感とくすみ抜け効果が高く感じました。吸着力が高く、スクラブ効果も発揮しているように思います。

洗い流しに多少手間がかかりますが、パック後の「満足度」はRainbow Researchの方が高いです。

まとめ

最後にまとめです。

  • gあたりで安いのは、Rainbow Research
  • 扱いやすさ・ダマになりにくいのは、Now
  • 無臭なのは、Rainbow Research
  • 落としやすいのは、Now
  • 作用が強いのは、Rainbow Research
  • 穏やかなのは、Now

汚れやくすみを取るクレイの作用としてはRainbow Researchの方が優れていて、洗い流しが楽で使いやすく作用が穏やかなのはNowだと感じました。

クレイはお料理のように色んな使い方・アレンジができるので色々試してみて下さい♪

※Rainbow Researchは32オンス入りの大容量タイプもあります。

追記:VOGUEに注目コスメとしてレインボーリサーチのグリーンクレイが紹介されていました。



セール情報アイハーブ今週のセールのお知らせ ▼続きを読む

iHerb(アイハーブ)トップページ
■お会計の前にiHerbセールページとお得なお試し商品もぜひ見てみて下さいね。
初めてでも安心してお買い物できるように、注文方法をまとめてみました。初回限定の割引き情報もあります!画像も付けていますので、参考にしてみて下さい。→iHerb注文の仕方はこちら